買取の前にまずは見積もり査定

買取の前にまずは見積もり査定

買取の前にまずは見積もり査定 ピアノを買取に出す際は、メーカーや型番、購入年月などを伝えるとおおまかな見積もり金額を出してくれる業者があります。しかし、実際のピアノを目で見てみないことには正しい査定額にはならない場合が多いものです。概算の見積もり金額だけで決めてしまうと引き取りにきてもらったその日に、本体のさびやキズや汚れなどを指摘され減額になるケースがあるからです。
また、ピアノの買取金額とは別に運送料を差し引かれます。一階から人力でトラックに簡単に載せられる場合は良いですが、クレーンが必要になる場合は特殊作業料がかかってしまいます。解体が必要なら技術料を差し引きで減額されることもあります。また、クレーンを使わずに人力で階段で運ぶ場合も割増料金がかかるでしょう。その運送料は業者により設定価格に差があります。
少しでも高く買い取ってもらいたい場合は、必ず複数社の業者に見積もりを出してもらうべきです。安い業者と高い業者では数万円の開きが出ることも珍しくありません。

使わなくなったピアノは売却しましょう

使わなくなったピアノは売却しましょう ピアノの音はずっと変わらないと思っていませんか?そして価値も変わらないと思っていませんか?新しいものほど価値があるということではありませんが、実は他の楽器と同じようにピアノもメンテナンスをしなければならない楽器なのです。ピアノの音は時間がたつとともに徐々にくるってゆきます。この変化はピアニストでなくても、趣味でよく弾いている程度の人であればすぐ気づき、何となく弾いていて気持ち悪い感じがします。
この音の変化を調節するために定期的に調律を行わなければならないのですが、その頻度は最低でも1年に1度と言われています。そして調律は素人には当然できず、プロの調律師を呼んで数時間かけておこなうため、料金も業者によって異なりますが二万円弱ほどかかってしまいます。
使わなくなっても、売却せずにおいておくことで維持費としてこれほどの額のメンテナンス費がかかるのです。みなさんお分かりになりましたでしょうか。使わない物にお金をかけるのはあまりにももったいないので、使わなくなったピアノはお早めに売却しましょう。